小型フェリーボート作製記その5

動力ユニットの組み込み完了。機関は130モーター×2 3Dプリント製のペラをダイレクトドライブします。
今回はラダーがなく2個のモーターの制御によりコントロール。接岸時の微細なコントロールを要求されるのでコンピュータープロポを使用しています。
画像

テストではいい感じで動きますが、操船には少々コツがいるようですね。風に影響されやすいので3m/s位で即欠航かもしれません(^^
これから甲板上部の工作にかかりますが、照明の配線スペースを考えながらの平行作業になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

tomutomu
2015年08月24日 18:50
間もなく火が入りそう?
似たのをプラモで見たこと有ります。現在は、20cm以下のタグボート組み立てを模索中です♪
Morizou
2015年08月25日 07:56
このところ停滞気味です。しばらくかかりそう・・
小さいタグボートを模索中ですか、楽しみにしています!
tomutomu
2015年08月26日 14:11
失礼しました。見間違っています…\(__)
見かけたのはフェリーではなくプッシャータグとバージでした(^-^ゞ
ボチボチ・コツコツ進めていますので気長にお待ちくださいませ♪
Morizou
2015年08月26日 20:53
今日は涼しい一日でしたね~これでまた暑さが戻ってくると辛そうです・・
タグのモデルは国内or海外?どんな感じのボートになるのでしょうか。
私の次作は2軸のカナディアンタグを予定しています。大きさは20cm程度、丸太筏を曳航するボートです。

この記事へのトラックバック