小型フェリーボート作製記その1

厚さ30mmのスタイロフォームを290*130に糸のこ盤でカット。(小口を垂直に切りだすのがポイント)前後の部分のカット部分をけがきます。
画像

胴付きのレーザー鋸でカット。
画像

船首船尾部分は図面を糊で貼り付けてカッターで切り取り。その後ヤスリで成型します。
画像

この後、動力やRC機器を搭載するスペースをくり抜いてハル下地の完成。この上に0.5mmのプラバンをペタペタ貼り付ければ船体が出来あがります。ここまでの作業時間1hでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

masazou
2015年07月09日 21:57
いよいよ小型フェリーの始動ですね!シンプルで全周ブリッジなど海外の河川渡船の雰囲気満点です。私はとりあえず、載せてもらう側として車を完成させたいと思います(^^;
Morizou
2015年07月10日 10:53
動画を見ながら作図したので思い通りの物になるのかいささか不安なところがありますが、プールが再開するまでには完成させたいですね~
水没させないようにしっかり作りますのでまた遊んでやってください!

この記事へのトラックバック