1/76 ダイキャストミニカー ラジコン改造記その1

まずは、プラ棒2.5㎜角でフレームの作製。図面があると楽に作業が出来ます。
画像

デフギアはNゲージのウォームギアボックスと歯車をそのまま利用。ドライブシャフトの軸受けはプラ板で作製。
プロペラシャフトはユニバーサルジョイント風でいい感じで動きます。
画像

フレームに取付。厚手の両面テープを軸受けパイプとフレームの間に入れて遊びを持たせています。
U字に曲げた0.8㎜の丸棒でルーズに固定。
モーターは6㎜。モーターもΩ型に曲げた丸棒にモーターをはめてフレームにピン構造で取付け。
画像

仮の前輪を付け重たいダイキャストのトレラーもセットして走行テストをしましたが、動きは実にスムーズです。低速もばっちり!後はステアリングがうまくいけば・・
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

masazou
2015年02月08日 21:52
自作フレーム、凄いですね!図面があるととっても綺麗(^^
ウォーム部はトミックスのようですが、私が最初に使っていたものです。カウンターギアはサーボかなにかのでしようか?私はプロペラシャフトを諦めましたが、完璧に収まっていて、モーターの位置も実車エンジンさながら、素晴らしいですね!(^^)
楽しみにみさせてもらいます♪(私も手を動かしながら(^^;)
Morizou
2015年02月09日 12:21
カウンターギアはウォームギアと一緒にNゲージからとったものです。モーター部分でもギアダウンしようと思ったのですがスペースがなくて断念。
重たいのでスロープが登れるかな(^^;;

この記事へのトラックバック