水中翼船 製作記その3

前部水中翼の取付。ほんとうに浮上するんだろうか?
動力はプラズマダッシュモーター。冷却は水中翼の支柱とマウントを連結、アルミの熱伝導を利用して水冷を図りました。
画像

ラダー取付。この辺は見た眼の感覚で作っています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いごっそ
2014年11月02日 16:48
こんにちは。

スクリューシャフトの件ですが。
もし!2㎜なら!、2㎜カーボンの丸棒などお薦めします。吃水下の自重軽減ですね。
Morizou
2014年11月02日 21:50
いごっそさん。
アドバイスありがとうございます。
さっそくカーボンシャフトを取り寄せます。ちょうどマイクロヨットのマスト、ブームの材料として調達しようと思っていたのでいいタイミングです。
いごっそ
2014年11月03日 05:17
おはようございます。

2㎜カーボンロッドの件ですが。
飛行機模型用などのカーボンロッドの場合!若干偏芯した、形状の物が有ります。
(自分は、この場合!2.1㎜ドリルで真鍮パイプ側の方を拡張して使っています。)

この記事へのトラックバック