テーマ:タグボート

HOスケール 小型曳き船 桜丸 完成!

HOスケール 小型曳き船 桜丸 完成! 全長:167mm 全幅:53mm 総重量:83g マスト灯火には1005サイズの極小LEDを5灯装備しましたが1灯ハンダ切れのため不点灯になってしまいました。 レーダー用の駆動用に6mmのマイクロギアモーター1:700を採用。回転が遅いのでギアモーターの交換をする予定です。 古タイヤは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 8

キャビンを工作します。 プラバン0.5mmを使いパネルを切り出して瞬間接着剤で組立てをします。 窓枠は0.3mmを1mm幅にカットして窓の小口に貼付けます。 窓枠に四隅にRがないので加工がとても楽だな~ タラップはHOゲージ鉄道模型用のステンレス製です。このパーツは英国の友人から頂いた物、この部品だけでわざわざAIRMAIL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 7

ブルワーク(波除板)とラブレール(防舷材)を取付けします。 デッキ(甲板)の開口部廻りにコーミング(縁材)を設置して船内に水の侵入を防ぎます。 ブルワークの上端に笠木を設け内側に補強板を取付けします。 パテ整形をして塗装の下塗り(サーフェーサー)まで完了しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 5

機関を搭載します。 トルク重視のミニモーター(最大効率トルク 0.735mN.m)を使用します。バンダイで販売しているゲキドライブという ミニ四駆?用のカスタムモーターで高トルクタイプのものをチョイスしました。 マウントはプラバン1mmで作ります。シャフトとモーター軸が一直線になるように調整します。 ジョイントは熱収縮チュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 3

切り取った0.5mmプラバンを組み立てます。 プラバンを指で曲げスチロールの型にテープで固定、瞬間接着剤で接着します。内側はジョイントをの補強とRの面取りをするための2 mm角棒を接着します。 船首はRが大きいので2本を使います。完全に硬化したらやすりで面取りします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 2

型紙を作ります。 ボール紙をスチロールの型に合わせマジックでけがきます。テープでしっかり密着させて型どりをすのがポイント。 原始的なコピーワークですが弓反りのデッキラインが再現出来ます。 今回もパネルで構成するフレームレス工法で船体を作ります。 軽量化出来ることや船内のスペースが確保出来るのでいろいろなギミックを搭載出来るのがメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 1

ようやく作製に取りかかります。 まずは図面をもとにハルの作製、100均で買ってきたスチロールのブロックに図面を貼付けスチロールカッターで大まかな形を切り出します。 その後サンドペーパー等で細かな成形をしてタグボート特有のハルを作ります。 上面はデッキライン 全体のボリュームを確認しながら作製、図面と言っても雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダの友人からパクリ情報受信!

カナダの仲間からeBayでRiverStarのABSハルモデルのキットが販売されているとメールが届きました。 以前と同様、私の写真がそのまま使われています。商売として使われているのでこれは明らかに著作権の侵害ですね~ Hello my friend, I wanted to let you know that the Chines…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019今年も宜しくお願いします!

あけましておめでとうございいます。 マイナーなあブログではございますが、今年もご視聴宜しくお願い致します。 昨年は3隻も中華製パクリキットが発売されてしまいた。今年も横行するンですかね~少し楽しみでもあります。 アクセス回数も格段に増えてきましたが、海外の船をモデルにしているのでほとんどが海外の方のようです。なので今年は小型の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/87ウッドチップ運搬バージ MORIZOU マリーンサービス仕事納め

カナダのフォレストリバーで見られるウッドチップ専用の運搬バージ、全長は50mを超えています。 私の作る1/87 HOスケールのモデルの中では最大級600mmになりました。 ウッドチップの山はスチロールに珪砂をまぶして作りました。あおりは脱着できるようにしてあるので平台船としても 使用出来ます。いずれ浚渫用のクローラークレー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国製ラジコン?タグボート

マイクロdozer tugboat ”MAPLE”のそっくり版を見つけました。 推進部分などそのまんまという感じですね~ ¥150なのか?ラジコンなのか?調べればわかるんでしょうねどね。 こちら私が作ったMAPLE。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87タグボート "SMIT SEAL "クラブデビュー

横浜スケールボートクラブの後期走行会に参加、久しぶりにクラブメンバーと会えてとても楽しい一時を過ごせました。 心配していたプールの漏水も無くなり活動が継続できて良かったなぁ~ このモデルはカナダバンクーバー船籍のタグボートの写真を参考に作製しました。日本のタグには無いキャメルイエローのキャビン、全長179mmの小さな船なのに存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール タグボート”SMIT SAIL”アジアス推進器の動画をアップ!

YouTubeで公開した動画です。 アジマス推進器の動きをご覧下さい。(アジマスとは全方位360°という意味 )ボット型(繭型)のハウジング内に電動機(モーター)を内蔵しています。 船内動力からベベルギアを介してプロペラを回すタイプとは違い複雑な機構を必要とせずまた船内の動力スペース がないので179mmの小型船でも採用できます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その12

手摺りの取付けをしました。 0.4mmの真鍮線を使用。ブラケットは0..3mmを加工しています。 船内の様子、サーボ以外の機器類の固定はしていません。丸いガラス容器が発煙装置。 前方に伸びるシリコンパイプはブロアーに接続、後方のパイプは排気管に接続します。 ファンネル下部の接続部分、ここにパイプを接続します。 レーダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その10

キャビンの工作にかかります。 今回は屋根部分を後からのせることが出来ないので内装を仕上げた後に床と接合することにしました。 切り出したパーツを組み立てボリュームチェック、0.5㎜のプラバンを使用しています。 フェアプレイの面影はなくなりました。橋をくぐるためキャビンの高さは低くマストは可倒式になっています。 CA…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

1/87タグボート製作記その9

ガンネルの増設をしました。 ここから1/144から1/87に変身していきます。0.5ミリのプラ板を当てがい曲線をコピー、船首部分も緩やかなカーブを付けました。最大6ミリ付け足しています。この部分に古タイヤを装着、バウバンパーには滑り止めを付けます。 この先は図面を基にプラ板工作になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DOZER BOAT”OTTER”1/76 久しぶりのお仕事

グリスアップして2年ぶりのお仕事・・ 横浜スケールボートの走行会に参加してきました。ラジコン技術にも掲載されたこの丸太押し船、フルスクラッチにも関わらずいまだに海外から販売の問い合わせがあります。 強風の時は丸太を押して遊びます。沈没防止のフロートも兼ねています(^_^)v 実船もそうですが、後部デッキは洗われるくらい喫水にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そっくり版登場・・

カナダの友人から dozer boatが売っているよ!というメールを受け取りびっくり。 eBayのサイトに私が作ったOTTERとMAPLEそっくりの1/18のキットが売っているではないか! 船体部分の形状は違うので完全コピーではありませんが・・ さらにウォータージオラマの桟橋までキット化、しかもご丁寧に小屋の中の家具まで別…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その8

ようやくデッキの工作にかかります。 まずはデッキの穴開けをしてプラバンで塞ぎます。 SMITのキャビンに合わせて開口し直します。後部デッキはドライブ点検ハッチを新設しています。 ハッチの周りに防水の立ちあがりを設けます。 今日はここまで。お次はガンネルの増設をします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その7

ドライブのテストを行ないました。 モーターのパワー不足が気になっていたのですが、程よいスケールスピードが得られました。 運動性能は特に問題なし、直進性もGood。 横浜市民プールの漏水も修理をしたようで水位が回復しています(^^)/ 貴重な遊び場が存続出来てホットしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドオクトーバーがやって来た!

潜水艦の形をしたスプリンガータグボート。このレッドオクトーバーは世界中を巡っています。2009年に出航して9年目に日本の上田さんの手に届きました。訪れた国の国旗が左舷に、手にしたモデラーのサインが船底に記されています。下記 RC GROUPS のフォーラムを見て頂くと詳細が分かります。 https://www.rcgroups.com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その5

サーボマウントをプラ板で工作、マイクロサーボをセットしてプーリーとサーボホーンを シルクの墨つぼ用の糸でリンケージします。プーリーは防水用のゴムをそもまま利用、滑り止めに800番のサンドペーパーを巻いています。糸は1周巻き付けて同じく滑り防止をしています。 左右135度まで回転するセッティングをします。送信機の設定でサーボの動作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その4

軸受けをプラパイプで工作。プラパイプの上端は喫水線より上にします。ここだけしっかり押さえれば船内に漏水することはありません。ドライブを軸受けパイプにセットしたところ。 本物のZドライブは360度連続回転出来ますが、モーターのリード線があるので回せません。 左右それぞれ180度までしか旋回しない、なんちゃってショッテルドライブ構想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その3

モーターの軸にプロペラを取付け。この4ブレードのペラは効率の良さそうな形状をしています。 はみ出たモーターの部分はノズルに隠れてしうので塗装してしまえばほとんど分かりません。 コルトノズルを取付け。リング状のこの部品はテーパー状になっていて推力を効率よく後方に押し出すことでパワーアップを図ることが出来ます。 3mmの真鍮の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 製作記その1

今回はプラモデルのハルをベースにブルワークから上部を自作するセミスクラッチです。 タグボート特有のハルを自作で作ろうとすると大変な労力を要しますので、これだけで大幅に工期が短縮できます。まずはドライブの工作から開始! ランナーから切り取ったパーツと今回の動力モーターがこちら。 ディスプレイモデルなのでコルトノズルとプロペラが一体に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール SMITタグボート作製開始

今回のモデルは図面なしで着工します。1/144プラモデルのハルとショッテルドライブを利用して上構造物を1/87で 自作する新企画です! 参考にするタグボートはこちら。SMIT_CHINOOK カナダ船籍 15m×7m プラモデルはRevellのフェアプレイ。全長179mm、87倍すると15,573mmなのでほぼいい感じのサイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more