テーマ:製作記

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working proces㉒

照明や航海灯の配線取り付けをしました。 今回は、軽量化のため作業灯や室内灯は省略しました。 キャビン屋根の前照灯2台と航海灯火の計5灯のみです。 赤と緑の明るさが同じように見えるようにCRDの値を変えています。 基板にCRD(定電流ダイオード)を並列に配置、1対1でLEDを点灯させています。 抵抗よりコストはかかります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working proces㉑

キャビン周りの艤装開始。 現在までの総重量を計って見ました。 63.8g、設計重量は65gです。 ギリギリセーフかな。 仮スイッチをマイクロスイッチに交換するだけで2gは軽くなります。 小さなモデルは水に浮かす為にいかに軽く作るかが勝負です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working proces⑳

英国王立海難救助艇RNLIのイメージカラーでもあるオレンジをキャビンに塗装をしました。 このオレンジ色は市販のスプレー缶にないので調色してブラシで吹いています。 デッキにクリートなどの係留パースを取り付けしました。 ようやく雰囲気が出てきたかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑲

ハル、防舷材、デッキの塗装をしました。 ハルはネイビーブルー、英国に縁のある色ですね。スプレー缶では色がないので調色しました。 防舷材はゴムを使いたかったのですが加工が難しくて断念、プラ棒半丸を加工してフラットブラックで塗装しました。 デッキはニュートラルグレイのスプレー缶を使用しましたが、やや明るいので調色してブラシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑱

マスト周り工作をします。 航海灯火は1005最小lLEDに耐熱線をハンダ付け。この作業も苦にならなくなりました。 マストの塗装を行いました。 手摺りスタンションは0.4mmに0.6mmのパイプを2段取り付け。内径0.25mmにワイヤー0.12mmを通します。 バケットシートの塗装、シートベルトも着けました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑰

マストの工作をしました。 実物は可倒式ですが、固定式とします。 今回はレーダーは回転しません。 航海灯は1005の最小LEDを使用、ハンダ付けも失敗することはなくなりました。 フィギアや浮輪は光造形の3D出力、修正なしで塗装できる精度です。 手摺りの工作をしました。 0.44mmの支柱に0.6mmのパイプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑯

久しぶりにRNLIの更新です。 起工してからすでに1年が過ぎてしまいました。仕事や介護の関係でほったらかしの期間が長く工作意欲が失せてしまったのが 要因ですかね・・ 最近、定年後の仕事も安定し工作を少しずつ再開、ようやく工作意欲も回復して楽しみながら手が動くようになりました。 キャビン後部のコクピット周りと手摺りを工作しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑮

ハンドレールを工作。 0.4mmの真鍮棒を使用、今回はハンダ付けをしました。 ベースの丸座取り付けも初の試み。 0.3mmのプラバンを皮用のポンチ0.8mmで抜いて0.4mmのドリルで穴開けするのですが、センターに穴開けするのに 半分は芯ずれ、ガイドのため軽くへこまして切り出しても固定が出来ないのでなかなか旨くいきません。 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑭

キャビンの屋根フレームを工作、ようやくサイドパネルの剛性が確保出来ました。屋根の形状が複雑なので1枚では再現出来ません。 10枚のパネルを組み合わせています。 フロントウィンドウの枠を工作、現物合わせで加工します。ピラーが細いので折れないように・・ 屋根を貼ると雰囲気が出ます。こちらも現物にすりあわせながらの加工に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑫

昨年の7月から中断していたRNLI のLifeboatの工作を再開しました。 プラバン製のポンプケースでは水圧に耐えられず水漏れをしたため3Dプリンタで工作しようと思いつつ3Dプリンタを導入したのがつい最近・・いつ完成品が出来るのか?分らないなのでキャビンの工作を始めちゃいます。 船の模型工作で一番楽しい部分です。 今回は実船…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改良して帆走テスト2回目

強風時の安定、復元力のアップのためにバラストの追加をしました。 モーターのケースの部分に鉛を加工して15g若しくは20gを装着出来るようにしています。 ディスプレイの時は外せるように。 横流れ防止のためにキールの面積を増やしました。 軽風でも軽くブームのスイングが出来るようにブームの先端に鉛ウェイトを取り付けてヒールをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初セーリング!! IN いつものお池で

初セーリング! 動画を作成しましたのでご覧下さい。 調整はまだまだですが、想像したよりは走ってくれます。 やはりスケールモデルの小さい版は飛行機と同じで難しいです・・ 風速は3m/s前後ですがこのサイズにしてみれば嵐の中を帆走しているのと同じ。 反応もクイック過ぎてコントロールするのにコツがいります。動画は操舵はせずに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

極小ラジコンヨット マーメイド号 竣工Working process⑩

セイルにバテンとマーメイドのシルエットを貼って完成です。 諸元 *全長:0.262ft(80mm) *総重量:0.0363ポンド(16.5g) *メインセイル面積:0.028ft2(26.7cm2) *RC :2.4G 3ch 参考にした写真がこちら。 製作費用:2,350円(新たに購入した資材のみ) 工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極小ラジコンヨット マーメイド号 Working process⑨

セイルを作ります。 まずはプラバンで型取り。 セイルクロスはスピンネーカーを使用。汚れとへたりがあったので キッチンハイターで漂白した後、洗濯糊スプレーで低温アイロンがけ!新品セールのパリパリ感が復活しました。 セイルクロスに型を当てカッターで切り取り。隅部はガラスフィルムで補強。 セイルを固定するシートは0.1mmの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

極小ラジコンヨット マーメイド号 Working process⑧

塗装をします。 ハルは濃紺、スプレー缶では色がないので今回は調色してエアブラシを使いました。 (RNLIのハルにも使う予定なので多めに調色) タグボートではない鏡面風仕上げにします。 キャビンはグランプリホワイトを使っています。 木部はウォルナットのウレタンニス仕上げ。 窓ガラスはプラ容器です。 今回購入した材料で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極小ラジコンヨット マーメイド号 Working process⑦

コクピットを作ります。 デッキはダイノックシート(建築内装用サンプル)という木目調シートに溝をつけて貼り付け。ティラーは竹串ウレタンニス仕上げ。 この部分を外してバッテリーの脱着ON,OFFを行います。今回軽量化の一環で電源スイッチは設けていません。 スキッパーは1/87のフィギアを腕、足、首、帽子などを加工してそれっぽく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極小ラジコンヨット マーメイド号 Working process⑥

メインブームを作ります。 これも焼き鳥の竹串をオーバルに加工しました。 グースネック(マストとブームの接合金物)はプラバンと0.5の真鍮ピンで作りました。 キャビンのハッチも竹串で組立て。 ハンドレールも竹串をヤスリで削っています。細くしても折れないのでいいですね。プラバンの加工の方が楽ですが ニスを塗りたかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極小ラジコンヨット マーメイド号 Working process⑤

デッキを張りキャビンを作ります。 デッキの上にマストホルダーを取り付け、マスト左前にある穴からジブセイルのシートを出し入れします。 コクピットとキャビンのルーフを作ります。 マストはバーベキューの竹串をオーバルに加工。たわみに強いので細く削っても折れることはありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロヨット マーメイド号 Working process④

RC機器を搭載します。 今回はkyosyoのライトプレーンの3chメカをそのまま利用します。 受信機にモーターアンプ(正転のみ)とリニアサーボ2個が一体になったコンパクトサイズ。 リニアサーボではセイルのトリムに必要なストロークとトルク不足が不安ですが・・やってみてダメなら アビームで固定します。無負荷でもジブとメインの引き込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロヨット マーメイド号 Working process③

新年あけましておめでとうございます。 今年もマイナーなブログにお付き合い下さい。お正月休みに工作がはかどりました。 ハルの組み立て完了。バラストキールとラダーを取り付けます。 船内はクロで塗装。理由はレシーバーのバインドLEDランプの光が漏れないようにするため、プラバン0.5ミリだと透けて見えてしまいますので。 この段階で漏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2ドックでマイクロヨット着工マーメイド号 Working process①

2020も残すところ一週間足らず、コロナ渦に巻き込まれて慌ただしく過ぎた1年でした。 仕事に追われ模型工作は進まなかったな~ストレスなんだろうか・・工作意欲が薄れてしまいました。 第1ドックで造船中のRNLIのLifeboatはキャビンの工作が少し進んだだけ。10月竣工予定が大幅に遅れています。 定年を迎え落ち着きを取り戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑫

暑いですね~ 工作が一向に進みません・・クーラーが効かなくなり家の中で熱中症になりそうです。 今日は、デッキの小物を作りました。 ビットやクリート、アンカーなど。 クリートは真鍮の0.5と0.4を使いハンダ付けしました。 明日、クーラーが新しくなります!奮発して最新型のハイスペックにしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑩

デッキの貼り付けをしました。 船首部分の弓なりのカーブが特徴的なボートです。 外周を覆う防舷材はスポンジゴムを半丸にして取り付けるつもりですが うまく加工出来るかな~ 洗面器での動作テストをしました。 ラダーとバック、スローコントロールの確認です。 心配だったバックも出来て一安心、舵角も浅かったので不安でしたが十分に反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑨

バック機構の構築。 リバーサ(後退用のバケット)を忠実に造形することは無理なので(あっさり) 近い形にアレンジしました。プラ板を組み合わせてそれっぽく作っています。 左右独立した動きが出来れば良いのですがサーボ2個のスペースは取れないので連動タイプとしました。 リンケージの貫通部はリード線のビニル被覆を利用、0.4mmの真鍮線で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑧

ラダーとバック機構のプランを作りました。図面を基に作るので納まり上の手戻りが最小限に抑えられます。 それでも干渉してしまいそう・・ まずはラダーの工作から ラダーの代わりになる噴射ノズルは1/200大和のシャフト受けの先端を加工して代用しました。ノズル径は3mm。 ラダーサーボは角を削って無理くり納め、左右のアジャスト調整が出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑦

走行テストをしました。 速度、走行姿勢、舵の効き具合の確認です。 今のところスケールスピードは十分過ぎるくらいに出ていますね~ スピードがのると綺麗にプレーニングします。 バウが上がると中央にある取水口にエアーがかんでしまいノックングを起こしてしまいます。 重心の調整でバウが上がらないようにすれば張り付くように滑走しました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑥

サイクロンジェットポンプを搭載しました。 左右の分岐点にあるラダーホーンで水量調整をして舵の代わりにする計画です。 重心の設定が難しそうです。走行テストしながら決めるしかありませんねエ~ ブラシレスなので微速が苦手なのかな?飛行機用のアンプなので・・ 課題がいっぱいだな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑤

ハルの組み立てをします。 スチロールにボール紙を押し当て型取りしてテンプレートを作ります。 テンプレートからプラ板0.5mmに写し取り切り抜いたパーツをスチロールに合わせながら 指で曲げくせをつけ接合します。 ビルジキールやスプレースプリットは後付で工作します。両舷のフリーパネルにある0~2mmのラインは付け足しで表現、気室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process④

船体の造形をします。いつものように100均のスチーロールブロックに図面を貼り付けて カッティングマシンで切り出し。 写真と見比べながらボリュームチェック。 まずは大まかなV型滑走艇のアウトラインを作ります。この時点で排水量のチェック、全体重量の算出をして喫水線より下のボリュームを 検討します。排水量型の船であれば気にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more