テーマ:製作記

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑩

デッキの貼り付けをしました。 船首部分の弓なりのカーブが特徴的なボートです。 外周を覆う防舷材はスポンジゴムを半丸にして取り付けるつもりですが うまく加工出来るかな~ 洗面器での動作テストをしました。 ラダーとバック、スローコントロールの確認です。 心配だったバックも出来て一安心、舵角も浅かったので不安でしたが十分に反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑨

バック機構の構築。 リバーサ(後退用のバケット)を忠実に造形することは無理なので(あっさり) 近い形にアレンジしました。プラ板を組み合わせてそれっぽく作っています。 左右独立した動きが出来れば良いのですがサーボ2個のスペースは取れないので連動タイプとしました。 リンケージの貫通部はリード線のビニル被覆を利用、0.4mmの真鍮線で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑧

ラダーとバック機構のプランを作りました。図面を基に作るので納まり上の手戻りが最小限に抑えられます。 それでも干渉してしまいそう・・ まずはラダーの工作から ラダーの代わりになる噴射ノズルは1/200大和のシャフト受けの先端を加工して代用しました。ノズル径は3mm。 ラダーサーボは角を削って無理くり納め、左右のアジャスト調整が出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑦

走行テストをしました。 速度、走行姿勢、舵の効き具合の確認です。 今のところスケールスピードは十分過ぎるくらいに出ていますね~ スピードがのると綺麗にプレーニングします。 バウが上がると中央にある取水口にエアーがかんでしまいノックングを起こしてしまいます。 重心の調整でバウが上がらないようにすれば張り付くように滑走しました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑥

サイクロンジェットポンプを搭載しました。 左右の分岐点にあるラダーホーンで水量調整をして舵の代わりにする計画です。 重心の設定が難しそうです。走行テストしながら決めるしかありませんねエ~ ブラシレスなので微速が苦手なのかな?飛行機用のアンプなので・・ 課題がいっぱいだな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑤

ハルの組み立てをします。 スチロールにボール紙を押し当て型取りしてテンプレートを作ります。 テンプレートからプラ板0.5mmに写し取り切り抜いたパーツをスチロールに合わせながら 指で曲げくせをつけ接合します。 ビルジキールやスプレースプリットは後付で工作します。両舷のフリーパネルにある0~2mmのラインは付け足しで表現、気室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process④

船体の造形をします。いつものように100均のスチーロールブロックに図面を貼り付けて カッティングマシンで切り出し。 写真と見比べながらボリュームチェック。 まずは大まかなV型滑走艇のアウトラインを作ります。この時点で排水量のチェック、全体重量の算出をして喫水線より下のボリュームを 検討します。排水量型の船であれば気にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process②

CAD上にpdfデータを貼り付けてスケールを合わせ上からなぞるように作図しました。 小さな模型にRC装置を組み込む場合は図面があると便利です。 平面と側面の画像は入手出来ますが、前後部の画像がないので写真を見ながら作図しました。 全長は157mm、総重量は70g以下を予定、駆動部が重たくなるので船体を軽量化する必要があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process①

久々の新造船計画です。 このモデルは英国の救助艇で砂浜から出航できるように専用のトラックシステムがあります。 ウォータージェット推進の動力は飛行機用のマイクロブラシレスモーターを導入。レシーバーはDasMikro 5CH 2.4Ghz RC Micro Receiver For DSM2を採用。超軽量0.28g。Rx43dより小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 7

ブルワーク(波除板)とラブレール(防舷材)を取付けします。 デッキ(甲板)の開口部廻りにコーミング(縁材)を設置して船内に水の侵入を防ぎます。 ブルワークの上端に笠木を設け内側に補強板を取付けします。 パテ整形をして塗装の下塗り(サーフェーサー)まで完了しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 3

切り取った0.5mmプラバンを組み立てます。 プラバンを指で曲げスチロールの型にテープで固定、瞬間接着剤で接着します。内側はジョイントをの補強とRの面取りをするための2 mm角棒を接着します。 船首はRが大きいので2本を使います。完全に硬化したらやすりで面取りします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 2

型紙を作ります。 ボール紙をスチロールの型に合わせマジックでけがきます。テープでしっかり密着させて型どりをすのがポイント。 原始的なコピーワークですが弓反りのデッキラインが再現出来ます。 今回もパネルで構成するフレームレス工法で船体を作ります。 軽量化出来ることや船内のスペースが確保出来るのでいろいろなギミックを搭載出来るのがメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HOスケール和製小型タグボート”桜丸”製作記Ver 1

ようやく作製に取りかかります。 まずは図面をもとにハルの作製、100均で買ってきたスチロールのブロックに図面を貼付けスチロールカッターで大まかな形を切り出します。 その後サンドペーパー等で細かな成形をしてタグボート特有のハルを作ります。 上面はデッキライン 全体のボリュームを確認しながら作製、図面と言っても雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87スカニア ドライバーを載せました

フロントガラスからバッテリーが見えているのはどうもスケール感がありません。 そこでバッテリーを座席の後ろに移動、パネルを立て隠しました。捨てずに取っておいたキャビン内部の部品を加工して戻しています。センターコンソール部分にステアリングサーボが納まっています。ドライバーは手持ちの1/87フィギアを加工。ドライバーが乗るだけで雰囲気がでま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カナダの友人からパクリ情報受信!

カナダの仲間からeBayでRiverStarのABSハルモデルのキットが販売されているとメールが届きました。 以前と同様、私の写真がそのまま使われています。商売として使われているのでこれは明らかに著作権の侵害ですね~ Hello my friend, I wanted to let you know that the Chines…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019今年も宜しくお願いします!

あけましておめでとうございいます。 マイナーなあブログではございますが、今年もご視聴宜しくお願い致します。 昨年は3隻も中華製パクリキットが発売されてしまいた。今年も横行するンですかね~少し楽しみでもあります。 アクセス回数も格段に増えてきましたが、海外の船をモデルにしているのでほとんどが海外の方のようです。なので今年は小型の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 完成!

1/87 RC タグボート 完成しました。 船名は”SEAL"はアザラシという意味です。製作期間は 7ヶ月、デッキから上部は自作しています。 船底はプラモデル1/144を改造したので1が月は短縮出来ていると思います。 このタグボートはカナダ バンクーバー SAAM SMIT に所属する船を参考にしています。ディテールなどの詳細は写…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その16

マストの工作をしました。 0.8mmの真鍮パイプを使用しています。 マスト灯火は米粒より小さい1005という極小のledに極細のポリウレタン線をハンダ付けしています。 船内の搭載機器はこんな感じに納まっています。 船首から順に発煙用ブロアー、サウンドスピーカー、発煙ユニット、マイクロサーボ2g 左右独立のため2個。発煙用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その15

お盆休みを利用して一気に工作を進めました。 今日はブルワークをフラットブラックで塗装、SMITカラーだとブルーですが今回はフルスケールではないのでオリジナルペイントです。 マストはLED照明のアースを取るために0.8mmの真鍮パイプを使用しています。 お次はマスト灯火の工作にかかります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート製作記 その14

後部デッキとファンネルの塗装をしました。 デッキは薄いグレーで、喫水線から上部、ブルワークとフェンダーはフラットブラックでスプレー塗装します。黄色と黒、目立ちますね~いかにも仕事してます工事カラーです。 ガラスは透明度の高い少し厚めのパッケージを使っています。薄い強力な両面テープで固定しています。 キャビン後部の サッシは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その12

手摺りの取付けをしました。 0.4mmの真鍮線を使用。ブラケットは0..3mmを加工しています。 船内の様子、サーボ以外の機器類の固定はしていません。丸いガラス容器が発煙装置。 前方に伸びるシリコンパイプはブロアーに接続、後方のパイプは排気管に接続します。 ファンネル下部の接続部分、ここにパイプを接続します。 レーダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その11

後部デッキの工作開始。 ファンネルと排気管の取付けをしました。今回も排煙システムを計画しています。 1/87VWとフィギアを一緒に。後部デッキのウィンチはフェアプレイのものを流用します。 排煙システム用のブロアーを新たに工作しました。ローターを改良して風量をアップしています。 発煙の熱源はリレースイッチを使い負荷のかかった時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その10

キャビンの工作にかかります。 今回は屋根部分を後からのせることが出来ないので内装を仕上げた後に床と接合することにしました。 切り出したパーツを組み立てボリュームチェック、0.5㎜のプラバンを使用しています。 フェアプレイの面影はなくなりました。橋をくぐるためキャビンの高さは低くマストは可倒式になっています。 CA…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

1/87タグボート製作記その9

ガンネルの増設をしました。 ここから1/144から1/87に変身していきます。0.5ミリのプラ板を当てがい曲線をコピー、船首部分も緩やかなカーブを付けました。最大6ミリ付け足しています。この部分に古タイヤを装着、バウバンパーには滑り止めを付けます。 この先は図面を基にプラ板工作になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その8

ようやくデッキの工作にかかります。 まずはデッキの穴開けをしてプラバンで塞ぎます。 SMITのキャビンに合わせて開口し直します。後部デッキはドライブ点検ハッチを新設しています。 ハッチの周りに防水の立ちあがりを設けます。 今日はここまで。お次はガンネルの増設をします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その7

ドライブのテストを行ないました。 モーターのパワー不足が気になっていたのですが、程よいスケールスピードが得られました。 運動性能は特に問題なし、直進性もGood。 横浜市民プールの漏水も修理をしたようで水位が回復しています(^^)/ 貴重な遊び場が存続出来てホットしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その6

船底の塗装をしました。赤味のあるタミヤのダルレッドを使用しています。 サーボホーンのストロークを大きくして左右180度まで旋回出来るように改良しました。 プロペラの反転が出来るので135度までカバーすれば横移動出来るので必要はないのですが 全方位カバー出来た方が面白いかなと思いまして・・ 海外ではインドライブで360…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more