テーマ:製作記

1/87 RC タグボート 作製記その6

船底の塗装をしました。赤味のあるタミヤのダルレッドを使用しています。 サーボホーンのストロークを大きくして左右180度まで旋回出来るように改良しました。 プロペラの反転が出来るので135度までカバーすれば横移動出来るので必要はないのですが 全方位カバー出来た方が面白いかなと思いまして・・ 海外ではインドライブで360…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その5

サーボマウントをプラ板で工作、マイクロサーボをセットしてプーリーとサーボホーンを シルクの墨つぼ用の糸でリンケージします。プーリーは防水用のゴムをそもまま利用、滑り止めに800番のサンドペーパーを巻いています。糸は1周巻き付けて同じく滑り防止をしています。 左右135度まで回転するセッティングをします。送信機の設定でサーボの動作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その4

軸受けをプラパイプで工作。プラパイプの上端は喫水線より上にします。ここだけしっかり押さえれば船内に漏水することはありません。ドライブを軸受けパイプにセットしたところ。 本物のZドライブは360度連続回転出来ますが、モーターのリード線があるので回せません。 左右それぞれ180度までしか旋回しない、なんちゃってショッテルドライブ構想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 作製記その3

モーターの軸にプロペラを取付け。この4ブレードのペラは効率の良さそうな形状をしています。 はみ出たモーターの部分はノズルに隠れてしうので塗装してしまえばほとんど分かりません。 コルトノズルを取付け。リング状のこの部品はテーパー状になっていて推力を効率よく後方に押し出すことでパワーアップを図ることが出来ます。 3mmの真鍮の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート ”SMIT"作製記その2

ハウジングにモーターを埋め込む為の加工をしました。 先端の部分を切り離します。 ルーターで6mmのモーターが納まるように内壁を削ります。0.5mmしか残らないので穴が空かないように慎重に・・ モーターの防水処理をします。コアレスモーターは穴が空いていませんのでリード線周りそして缶とプラティックの接合部を瞬間接着剤で固めてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87 RC タグボート 製作記その1

今回はプラモデルのハルをベースにブルワークから上部を自作するセミスクラッチです。 タグボート特有のハルを自作で作ろうとすると大変な労力を要しますので、これだけで大幅に工期が短縮できます。まずはドライブの工作から開始! ランナーから切り取ったパーツと今回の動力モーターがこちら。 ディスプレイモデルなのでコルトノズルとプロペラが一体に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケール SMITタグボート作製開始

今回のモデルは図面なしで着工します。1/144プラモデルのハルとショッテルドライブを利用して上構造物を1/87で 自作する新企画です! 参考にするタグボートはこちら。SMIT_CHINOOK カナダ船籍 15m×7m プラモデルはRevellのフェアプレイ。全長179mm、87倍すると15,573mmなのでほぼいい感じのサイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜スカイダック 1/87ラジコン完成! 

新年あけましておめでとうございます。 昨年は仕事に追われ思うように工作が出来ませんでした。今年もまた忙しくなりそうです。 年末の休暇を利用して一気に完成させました。 横浜スカイダックをHOスケールでフルスクラッチしています。 シールはペイントソフトで色の調整、文字などの塗りつぶし加工(文字はぼやけてしまうので)あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その21

ようやく座席の工作完了です。ヘッドレスト両脇の握りバーも取付けました。 先が少し見えたかな・・ ガイドさんと乗客を1名乗車(重量オバーの為、お一人様のみ)させましたが、写真では見えないですね。 あとは、クジラのデザインを貼付けと屋根のシート張り、リア周りのモールを施せば完成です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記そ20

完成までもう少しなのですが・・なかなか進みません(^^;) バスガイドさんを乗せました。 乗降用のタラップを取付け。Hinomaruの文字は仮に貼付けています。 客席のシートは100均のスチレンボードを加工、22個を作製中。同じものを多量に作るのは苦手だな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その19

オープンル-フのフレームを作りました。0.4mmの真鍮線を半田付けしてメッキスプレーで塗装しています。 実車はスライド式のキャンバスカーテンのようで、解放時はセンタービームのみが残るだけのようです。 1/87ではそこまで再現できませんので脱着式としました。 キャンバスはガラスに貼る飛散防止フィルムを利用、乳白色のマッド調で少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その18

日曜日、一日かけて乗客席の解放窓の両舷に手摺りを取付けしました。全部で14箇所分。0.4mmの真鍮線を使用しています。 試作で乗客席を作ってみました。100均のスチレンボートを加工、軽量化と沈没防止用の浮力体を兼ねています。座席に座っている女性は1/87用のフィギア。ガイドのお姉様も乗せなくてはね(^^) 乗客席などの部品は3D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その17

秋晴れが戻ってきましたね。 今日はフロントのサッシとガラス&ワイパーを工作しました。サッシ枠は貼り付け物などいろいろ試した結果、塗装することで落ち着きました。ワイパーは0.3mmの真鍮線でダブルアームにしています。 ぼちぼちやってますのでいつ完成するのやら・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その16

台風一過の秋晴れ!このまま日曜日まで晴れるといいんですけどね。 ようやく塗装の工程に入りました。 ベース色の赤でまずは全面色付け。溶剤系の塗料を使いますので家族の顔色を伺いながらの作業です。 フェリーポートのスロープを延長して専用スロープを作りました。 クジラのデザインは転写シールで貼り付ける予定です。上手くいくかは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/87セミトレラーのミニカー仲間入り

リサイクルショップで中国ホンウェル社製のダイキャストミニカーを2台とメーカー不明の中華製1台を購入しました! 1台300円也!ほとんど新品の感じです。スケールは1/72と表記してありますが、海上コンテナ40ftの大きさやらタイヤサイズから判断すると1/87のようです。この辺は中華製品ですのでいい加減な感じですね・・ しかしながら、デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス アプローチテスト

YSBMの後期走行会が始まりました。今の時期は水が澄んでいるので水中動画も綺麗に撮れます。 仮のスロープを作ってアプローチと水上走行のテストを行いました。動画を編集しましたのでご覧下さい。 陸上は超低速と最小回転半径にこだわったので、入水時のザブーンはなし。水上走行の方が機敏に動きます。 離水も思い通りにいきましたがもう少し勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その15

フロントガラス枠を作りました。 ピラーが細くて加工に苦労します。なんとなく形になったかな。 上陸時のパワー不足解消のため水上航行用のモーターを換装しました。1.5-4.5v 7500rpm(無負荷) 出力を75%に絞っても余裕が出来ました。 水の中で回すのでリード線周りを瞬間接着で固めて防水します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 水上航行テスト

YSBMの後期走行会が始まりました。 お子様用の30㎝プールで仮のスロープをセットしての入水と離水&水上航行のテストを行ないました。 当初懸念していた上陸時に後輪が接地するまでスクリューで押し切れるかがポイントだったのですが スムーズに上陸出来ました。喫水や旋回時の外方傾斜も問題なし。水上での旋回性能は陸上での最小回転半径と ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その14

3連休はあいにくのお天気。明日は晴れるかな? キッチンからガラスのボ-ルを拝借(^^;)水に浮かべてみました。いい感じに浮いています。バランスも復元力も問題なし。10分間浮かばせても浸水なし。 速力は分かりませんが推力はそれなりにありそうです。 動画はこちら。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その13

3連休は台風の影響が心配です。 サイドパネルを張り付けてようやくバスらしくなりました。 フェリ-ターミナルのジオラマの中に置いて撮影してみました。 この状態になれば船としての船体も出来上がったので水に浮かべてテストが出来ます! ちゃんと浮くかな~(^-^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その12

朝から気持ちのいい青空(^^)お散歩がてら海浜公園へ出掛けました。 いつものサザン池は清掃中、来週あたりは綺麗な水で遊べるかな。 ヘッドランプを取付けました。ランプカバーは1.5mmのクリア丸棒。その背面にLED(0,8×1.2mm)を取付けています。 配線は小型モーターのコア芯に巻いてあるニクロム線を利用。 リアパネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その11

もうすぐ8月も終わり・・ですがまだまだ暑さも続きそうですね。台風15号の動きが気になります。 ボディの工作にかかりました。0.5mmのプラバンに図面をスプレ-糊で貼付けその上からカッタ-ナイフで切り取り、特に窓枠は細いので慎重に切り抜きます。画像はテ-プで仮組をしたところ・・ちょっとだけバスっぽくなったかな。 後輪より後部の開口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その9

洗濯物が部屋中至る所にかかっています・・梅雨の逆戻りですね(^^;) 重量計測の前にLEDの工作をするのを忘れていました。今回はドライビングライト(ヘッドライトとテ-ルランプ)のみとしました。軽量化を優先しています。 キッチン量りをお借りして重量計測しました。結果は19.4g。この先の上構造物の重さも含めて30gと想定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その8

梅雨に逆戻りしたようですね。 庭のひまわりが元気なくうなだれています^^☂ おかげで工作がはかどりますが・・(^o^) スクリューを取付けました。実物は4ブレ-ドですが、3ブレ-ドに変更しています。直径9mmの3Dプリント製。赤い部分はラダ-の軸受けです。2mmのパイプがなかったのでシリコンスプレーのノズルの先端を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その7

お天気がはっきりしませんね。 昨日は家族揃って宮ヶ瀬の唐沢にBBQに行ってきました。清流で水遊びをしましたが気温も上がらずちょっと冷たかったですね・・年甲斐もなく泳いでしまいました。 RC機器の搭載をしました。 マイクロサ-ボにステアリングリンゲ-ジとラダ-リンゲ-ジを取付け。ステアリングリンゲ-ジ貫通部にはグリスを充填してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その6

今日からお盆休み! あいにくのお天気でしたが東京から遊びに来たお子様を連れて江ノ島東浜の海水浴場へ行ってきました。 今回使用する無線操縦機器(ラジオコントール)の部品を紹介します。 送信機はDSM2対応spectrum DX6iを使用。 受信機はDT RECEIVER 43d 。この小さな受信機を使うには基板にリード線を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その5

台風5号の動きが気になります。 今年は台風の当たり年になるのでしょうか。。 引き続きシャ-シの工作です。 完沈しないように前後にエアータンク(気室)を構築しました。 シャーシの補強を行いました。2mm角のプラ棒でラダーフレ-ムを構成します。 1mmの角材で斜材を入れトラス構造にしてたわみやねじれに対処しています。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その4

夏祭りの季節ですね。お囃子の太鼓がどこからとなく聞こえて・・ くるはずが今年は聞こえてこない! 太鼓の音がうるさいという落書きとともにお社に連続放火するという事件があって伝統のあるお祭も下火ムード。いやなご時世になりましたね~(テレビニュースにされるほどの騒ぎになってます・・) 今日は水上走行用のモ-タ-の取付けをしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その3

久しぶりの曇り空・・今日は少しは涼しいかな。 シャ-シの工作をしました。 プラバン0.5mmに図面を貼り付けてカッターで切り取ります。この時穴の位置や部品の接合位置などもけがいておきます。 切り出した部品を図面にあてがいながら瞬間接着剤で接合します。 中央部分に陸上用モ-ター、バッテリ-、受信機、ステアリング&ラダ-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more