テーマ:救助艇

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑨

バック機構の構築。 リバーサ(後退用のバケット)を忠実に造形することは無理なので(あっさり) 近い形にアレンジしました。プラ板を組み合わせてそれっぽく作っています。 左右独立した動きが出来れば良いのですがサーボ2個のスペースは取れないので連動タイプとしました。 リンケージの貫通部はリード線のビニル被覆を利用、0.4mmの真鍮線で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑧

ラダーとバック機構のプランを作りました。図面を基に作るので納まり上の手戻りが最小限に抑えられます。 それでも干渉してしまいそう・・ まずはラダーの工作から ラダーの代わりになる噴射ノズルは1/200大和のシャフト受けの先端を加工して代用しました。ノズル径は3mm。 ラダーサーボは角を削って無理くり納め、左右のアジャスト調整が出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑦

走行テストをしました。 速度、走行姿勢、舵の効き具合の確認です。 今のところスケールスピードは十分過ぎるくらいに出ていますね~ スピードがのると綺麗にプレーニングします。 バウが上がると中央にある取水口にエアーがかんでしまいノックングを起こしてしまいます。 重心の調整でバウが上がらないようにすれば張り付くように滑走しました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑥

サイクロンジェットポンプを搭載しました。 左右の分岐点にあるラダーホーンで水量調整をして舵の代わりにする計画です。 重心の設定が難しそうです。走行テストしながら決めるしかありませんねエ~ ブラシレスなので微速が苦手なのかな?飛行機用のアンプなので・・ 課題がいっぱいだな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑤

ハルの組み立てをします。 スチロールにボール紙を押し当て型取りしてテンプレートを作ります。 テンプレートからプラ板0.5mmに写し取り切り抜いたパーツをスチロールに合わせながら 指で曲げくせをつけ接合します。 ビルジキールやスプレースプリットは後付で工作します。両舷のフリーパネルにある0~2mmのラインは付け足しで表現、気室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process④

船体の造形をします。いつものように100均のスチーロールブロックに図面を貼り付けて カッティングマシンで切り出し。 写真と見比べながらボリュームチェック。 まずは大まかなV型滑走艇のアウトラインを作ります。この時点で排水量のチェック、全体重量の算出をして喫水線より下のボリュームを 検討します。排水量型の船であれば気にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process③

サイクロンジェットポンプの作成をしました。 軽量化のためケーシングは0.5mmのプラ板工作です。ブラシレスモーターを使うのは初めて、しかも ジェット推進もお初です。分かんないことだらけですがとりあえず構想を形にしてみました。 圧縮ローター、実物のポンプの写真を参考に工作しました。 モーターケーシングと圧縮ローターの接合。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process②

CAD上にpdfデータを貼り付けてスケールを合わせ上からなぞるように作図しました。 小さな模型にRC装置を組み込む場合は図面があると便利です。 平面と側面の画像は入手出来ますが、前後部の画像がないので写真を見ながら作図しました。 全長は157mm、総重量は70g以下を予定、駆動部が重たくなるので船体を軽量化する必要があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process①

久々の新造船計画です。 このモデルは英国の救助艇で砂浜から出航できるように専用のトラックシステムがあります。 ウォータージェット推進の動力は飛行機用のマイクロブラシレスモーターを導入。レシーバーはDasMikro 5CH 2.4Ghz RC Micro Receiver For DSM2を採用。超軽量0.28g。Rx43dより小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more