HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その6

今日からお盆休み!
あいにくのお天気でしたが東京から遊びに来たお子様を連れて江ノ島東浜の海水浴場へ行ってきました。

今回使用する無線操縦機器(ラジオコントール)の部品を紹介します。
送信機はDSM2対応spectrum DX6iを使用。
画像

受信機はDT RECEIVER 43d 。この小さな受信機を使うには基板にリード線を半田付けしなくてはなりません・・
画像

コネクタは右側の1mmピッチのものを使用します。左の1.5mmピッチのものと比べても小さいですね。
接続の際+-どちらでも接続できるので、モーターの正逆転は容易ですが電源接続用で使用する場合は注意が必要です。私は電源用には+ -が固定される1.5mmを使用しています。
画像

こちらがリード線、0.56mmの耐熱電子ワイヤーです。半田の被服が溶けないよに耐熱性があります。
画像

ステアリングのリンゲ-ジと駆動軸の貫通部にグリスボックスを設けました。ここで水の浸入を防ぎます。
画像

シャ-シの底面をフラットブラックで塗装しました。
画像


"HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その6" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント