HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その2

リアの駆動部を工作しました。
モーターはコアレスモーター6mm,、インドアプレ-ン用のギアユニットを使用しています。リアアクスルはNゲージ鉄道模型の部品でウォームギアユニットをそのまま利用。シャフトは1mm、連結は1.5mmの熱収縮チューブを収縮させて動力の伝達をしています。
初作はサスペンションやらユニバ-サルジョイントなどを採用しましたが今回はシンプルに。完全リッジットサスペンションにしました。
タイヤ、ホイールはトラック用のダブルタイヤです。
画像

後方にあるのが水上用のコアレスモーター6mmとスクリュー。写真では直結していますが実際にはシャフトを用いて連結します。
スクリュ-は3Dプリンタで作製した直径9mmのPLA製。モーターは船外に取付ける水没モーター方式。モータ-をそのまま水に浸けて回すのですが、ブラシモーターのように穴があいていないので軸廻りのグリスアップをすれば早々錆びることはありません。但し遊んだ後の乾燥とグリスアップは必須です。
画像

お次はシャ-シの作製に取りかかります。


"HOスケールラジコン 水陸両用バス 作製記その2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント