HOスケール タグボート”RiverStar”作製記その5

可倒式マストのベース部分とレーダーを作りました。
先に小物ばかり作っていると全体像のイメージが掴めないですね~
レーダーについて調べてみました。
リバースターが装備しているアンテナはスロットアレー型というもので棒状のスキャナがくるくる回るタイプです。
日本製ではFURUNOやJRCをよく見かけますね。
いろいろ調べると楽しみも倍増します。
画像

マストは100均で売っているプラ軸の綿棒を利用、肉厚を削って1.9mmくらいまで細くしています。(内径は1.5mmくらい)薄くしてもそこそこ強度もあるのでよく使う素材のひとつです。プラパイプだと2.4mmが最小かな。

"HOスケール タグボート”RiverStar”作製記その5" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント