フェリ-ポ-ト完成予想図

フェリーポートの構想がまとまったのでスケッチをおこしてみました。鉛筆を使って30分くらいで描いたのでいい加減ですが・・だいたいこんな感じですかね。あくまでイメージですので完成後は全然違ってたりするかもしれません・・(^^
画像

サイズは600×900 ×100、底板のある箱庭仕様です。港湾内の水深は50mm。底板を設けることで湾内が穏やかになることを期待しています。バスストップやフェリーターミナルも設置。左側をフェリー、右側を貨物ヤードに区分しています。スロープも設けてみました。トレーラーで牽引された小型ボートの上げ下ろしたり、水陸両用バス(スカイダック)を発着できたら楽しそう。小型ボートの揚陸用に小型のハーバークレーンも予定しています。これは動かしてみい!と妄想は膨らむばかりです。

船内はこんな感じ。見かけとは裏腹に作りはいい加減です(^^ゞ
スチロール船体は前後2ブロックで構成(防水隔壁?)手前に受信機、アンプ、LED回路などを配置。基板中央下にあるのがLED用リレースイッチ。同右側にあるのが降圧レギュレーター、7.4Vを5Vに変圧しています。
基板上左右にある丸い物体が9gサーボから取り出したアンプ用のポテンションメターです。1個350円程度なのでお安いアンプです。ニュートラルが定まらないという弱点はありますが、ポテンションメターをちょいといじればOK、低速域のコントロールは抜群です。受信機は5ドルの6ch(DSM2)仕様。モーターは130、強力な両面テープで貼り付けているだけです。ジョイントは網戸の押しゴムを利用。中央青い物体が中華製ラジコンボートFT007用のバッテリー2セル700mAhです。
画像

"フェリ-ポ-ト完成予想図" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント