小型フェリーボート作製記その3

大きな部品の切り取り完了。これをスチロール船体に貼り付けます。
これだけ浮力体があれば水船になっも沈没することはないと思いますが・・予定喫水線までの積載重量は350g。
搭載機器の重量はおおよそ100g、乗船予定の重たいダイキャストミニカー”スカニア”は103gなので2台は余裕で
運べそうです。
画像
画像

スチロールにプラバンを貼り付けます。接着材はコニシのウルトラ多目的SUクリヤ。
画像

プラバンどうしの接着はコニシアロンアルファプロ用中粘度を使用。
画像

"小型フェリーボート作製記その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント