中華製小さなRCバギーおもちゃをレビュー

バングッドジャパンというChina通販サイト(私が電気部品などを購入しているサイト)で
” 1/32 2 .4G レーシング マルチレイヤー を並行操作"という見出しに躍らされてポチった中華製小さなRCバギーおもちゃをレビューします。
送受信機や中身の部品がほしくて2,058円で購入しました。船便でやってくるので忘れた頃に届きます。

安値にしては質感は悪くないです。ボディはポリカ風、仕上がりは綺麗。タイヤは堅いけどグリップのありそうな感じです。
ですが、並行操作という謎の言葉に期待したのはやはり間違いでした。モータースロットルは前進のみ、後退はいきなりダッシュ!
ステアリングはサーボ機能はなくカチカチステアリングでした。う~んやっぱりおもちゃだったか!デモビデオでは狭い間をすり抜ける場面が
あったのでサーボがあるのかと期待したのですが・・最初から騙されたと思って買っているので笑って済まします。

すぐに分解するのは忍びないので少し遊んでから・・
フローリングでの走行ではドリフトして楽しい!スピードはローハイの2mode、スピードは結構でます。室内では狭いので
お外の道路で走行しましがグリップが良すぎて横転してしまします。砂地なら走るのかな~サスペンションはほとんど機能していない感じです。

さて分解。3.7Vのリチウムイオンバッテリーが鎮座、10分程度は遊べるようです。バッテリーの下に基盤があります。
ステアリングはコアレスモーターですね。走行モーターは6ミリのコアレスモーターがギアボックスに収まっています。後軸が独立して
サスペンション機能が付いていますが、スプリングが堅くて機能していない感じです。

さて何に使おうかな。
小型プラモデルのRC装置に使えそうです。私的にはコアレスモーター2個とギアボックスだけで元は取れたかな。

20210717_211701.jpg20210717_211732.jpg20210717_210912.jpg20210717_210933.jpg

RNLI Shannon class lifeboat 1/87 Working process⑯

久しぶりにRNLIの更新です。
起工してからすでに1年が過ぎてしまいました。仕事や介護の関係でほったらかしの期間が長く工作意欲が失せてしまったのが
要因ですかね・・
最近、定年後の仕事も安定し工作を少しずつ再開、ようやく工作意欲も回復して楽しみながら手が動くようになりました。

キャビン後部のコクピット周りと手摺りを工作しました。
0.4の真鍮線をハンダ付けしています。手摺りの固定金物コの字やL字を洋白線の0.8mm幅を加工しています。
誰もそんなところまで見ないんですけどね。今回は出来る限り再現してみようと思っているのも時間がかかっている要因の一つかもしれません。

20210628_205107.jpg