マイクロヨット マーメイド号 Working process④

RC機器を搭載します。
今回はkyosyoのライトプレーンの3chメカをそのまま利用します。
受信機にモーターアンプ(正転のみ)とリニアサーボ2個が一体になったコンパクトサイズ。
リニアサーボではセイルのトリムに必要なストロークとトルク不足が不安ですが・・やってみてダメなら
アビームで固定します。無負荷でもジブとメインの引き込みは難しそうな予感です。
20201221_234353.jpg
20201223_234722.jpg
20201223_234227.jpg

付属のバッテリーは長細い形状で船内に納まらないため手持ちの1セルのリポバッテリー3.7v100mAに変更します。
コネクターも1mmピッチから1.5mmに交換。
20210110_090202.jpg

推進用のモーターは携帯電話のバイブレーション用。4mmのコアレスモーターにプラモデルの小さなプロペラをシャフトに直結。
水中モーターと同じですね。舵角はやや大きく設定。
20201220_222634.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント