HOスケール タグボート”RiverStar”作製記その10

ハルの組立てにかかります。
まずはスチロールの型に画用紙をあてがって型取りをします。それをプラバン0.5mmに写しとったのがこちらの2枚、
型紙でございます。Aは船底、Bは舷のパーツ。この2枚のパネルでタグボート特有のハルを再現します。
画像

まずはAのパーツで船底を作ります。スチロールに押し当ててテープで仮止め、接着材で接合します。
画像

画像

両舷も同じように。スケグを付けて出来たのがこちら。
画像

今までにない軽量なハルが出来上がりました。この時点で8gほど。フレームがないので船内のスペースは有効に使えます。予定喫水線までの積載重量は90g。浮力も充分に確保出来ました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック