HOスケール タグボート”RiverStar”作製記その3

膨張式救命いかだを作製。
プラパイプの両端をプラバンで塞ぎつづら型に整形します。
画像

何の気なしに作っている筏・・どんな構造になっているのか気になったので調べてみました。
このFRPで出来たカプセルの中のにゴム製の筏が収納さています。
船から手動で投下されると作動索が引かれ炭酸ガス(または窒素との混合ガス)ボンベの起動装置が作動、ガス膨脹していかだの形になります。子供用のプールのような本体の上にテント状のシートが付いていて、目立つようにオレンジ色や赤色になっているそうです。
救命いかだの中には生き延びるために艤装品と呼ばれる数々のものが備え付けられていて、例えば、飲料水、救難食糧、信号火工品、海面着色剤、日光信号鏡、生存指導書なんてものまで備えられているそうです。
お世話になることはないとは思いますが・・(^^;)
船に乗ったら見ておくべきですね。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック