ちっちゃなRCボートinワールド

小さな船の模型の世界にようこそ
最近になって小さなRCボートが少しずつはびこってきているような・・気がします。私だけかな!?
オランダのモデラーが作った2.75インチのスプリンガータグボートを紹介します!

こちらは、以前にも紹介しましたがアメリカ西海岸のモデラーが作ったサイドワインダータグボート!こちらも2.75インチ

ちなみに私が作った最小モデルは2.28インチのドーザーボートです。
画像

最近UPしたtanaka氏の1.97インチはやはり究極ですね~凄い!!
画像

小さな模型の世界に初めて訪れた方のために・・
いとも簡単に動いている小さな模型たちですが・・実は小さくなればなるほどそれなりの技術が必要になります。これは遠隔操作する模型全般に言えることで、スケールモデルになるとさらに難しくなります。スケールモデルとは実在する乗り物をに縮小した模型のことでプラモデルなどが良い例です。
 船に限って言えば浮力を確保するために重量を如何に軽く出来るかがポイントになります。またバランスを保つための復元力(韓国の沈没事故で話題になりました・・)を得るためにできるだけ重心をさげて甲板から上の構造物を軽くすること。そして少量の浸水でもバランスを崩してアッとう間に沈没してしまうので水密性を確保する技術が必要です。特にスケールモデルでは、忠実にスケールダウンしすぎるとバランスの悪いものになってしまうことが多々あるので、若干のスケールアウトも必要になります。
 自然の風や波の力はスケールダウン出来ません。アウトドアで動かす小さな模型は実物以上にこれらの影響をまともに受けるため想像以上の過酷な状況下で動いていることになります。スケールボートを小さくすると木の葉のように洗われて、スケールぽっくないと嫌われがちですが、私は小さなスケールボートをどれだけ本物のように動かすことが出来るかを楽しみながら日夜工作に励んでいます。こういったミニチュアの動く模型はヨーロッパが盛んで特にドイツは1/87のHOスケールの愛好家が沢山います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック