ほっぽらかしの水中翼船 製作再開

水もの模型のお祭り"フネカン2015"が今年も8月末に船の科学館で開催されます。昨年初参加してとても楽しかったので今回も参加しようと考えています。ラジコン装置のないただ真っすぐ進めるだけのスピード競技ですが、いざ集って競うとなると熱が入ります。昨年はフルハルクラスで参戦しましたが、真っすぐ進まずゴールに至りませんでした・・(^^ゞ
今年はレギュレーションの変更がありモーターの制限がなくなったのでスピードに拍車が掛かりそうです!
となると更に真っすぐ進めることが勝敗のポイントになりそうな気配・・
ラジコン船もアピール部門で参加出来ますので興味のある方はこちらをご覧ください。
http://www.funekan.net/current/

製作途中でほっぽらかしている水中翼船に激安トイラジスピードボートのモーター(正体不明の130サイズで6V仕様)といかにも速そうな半没プロペラを移植してみました。
乾電池2本でコイツが浮上するのか!?まぁ時間もまだあるのでテストと調整を繰り返せばなんとかなるでしょう・・
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

tomutomu
2015年07月22日 17:09
良いですね♪
完成を期待しています。
※モーターとか電池の規制がよく分かりませんが
Morizou
2015年07月22日 20:54
コメントありがとうございます。
結果から申し上げますと水中翼は企画倒れと相成りました・・(^^ゞ
この仕様では浮上出来ず。6V仕様のモーターを3Vでは無理があるとは分かっていたことですが。そこで3V仕様のプラズマダッシュモーターに交換して再チャレンジ!と期待をしてテストをしましたが、乾電池ではパワー不足で浮上しませんでした。リポ3.7Vなら浮上できるんですけどね・・根本から見直しをします。
tomutomu
2015年07月23日 16:49
そうでしたか…
失敗は、成功のもとと申しますから完成まで頑張って下さい。
モーターも電池も全長も制限なしのモンスタークラスに発展?

この記事へのトラックバック