1/76 RC SCANIA 110 トラクタ&セミトレーラー version up

トラクタの駆動部を改良しました。トレーラーが重すぎて5%スロープが登れない&旋回時のトルク不足を解消すべくギアユニットを追加しました。次作の課題にしようと思っていましたが、自走でフェリーに乗船する登坂能力がないとね~ナノブロックチョロQに使われていたピニオンと1枚目のギアを使って工作。低速走行がスムーズになったのと登坂能力が格段にUPしました。モーターは6㎜でそのまま。プロペラシャフトが水平になったのでスムーズです。ミニカーと言うとおもちゃ(トイラジ)と思われるかもしれませんが、ここで紹介したものはホビー用のプロポ5CHと超小型アンプ内臓レシーバー&マイクロデジタルサーボを用い本格的なラジコンに改造したものです。1cm四方の基板にヘッドライト、ウィンカー、ストップランプなど連動するようにプログラムを組まれたレシーバーもありドイツなどではHOスケールのミニカーをラジコンに改造して楽しんでいます。
画像

昔、製図で使っていた角度と%勾配が測れる分度器があったので40%スローブ(角度で約22°)を再現して登坂テスト。路面はサンドペパー#180を貼り付けなのでほぼスリップはなし。まだまだ行けそうな感じです。
本物の10tダンプでも無理すれば20%くらいは登れますが安全を考えれば15%程度なのでありえない数値です!
画像

トラクタの運転は難しいですね~バックの車庫入れは何度やってもうまくいきません。
仕事柄、低床トレイラーで重機を搬入するシーンをよく見ますが狭い道路からバックで搬入する時などは釘ずけになります。先日も5分位道路を封鎖して往生していましたが、最後は壁を壊して侵入してました・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

masazou
2015年02月24日 23:23
こんばんは。
駆動部の工作は一枚も二枚も上手に感じます…。ピニオンとカウンターギアのバックラッシュ、保持方法、私には良い案が思い付きません。相変わらず、ウォームギア直結です(^^;簡単で良いですが…
なにより、回転数と速度が比例していないのが良いですね~、それだけで実車が唸りを上げて山道をゆっくり進むようなトルク感が出ています。
私もいつかDeltangRXを使った正攻法(?)で作ってみようと思います。
Morizou
2015年02月25日 07:40
DeltangRXを使ってウィンカーやバックランプを連動させたいですね~。私はまだLED工作がいまいち苦手で勉強せねばなりません。いろいろと教えてくださいませ。

この記事へのトラックバック