3Dプリンタ製 小型タグボートキットの推進器

ふしみ製作所製のミニサイズTUG BOATの続編。
推進器をアップしました。
コルトノズルの真ん中の穴にスクリューを付けた7㎜コアレスモターを差し込みます。モーターの配線は軸の中を通して船内へ。このドライブユニット自体が舵を切ります。最大舵角75°小回りが利きます。モーター軸受け部分の防水処理が必要です。
画像

船内の様子。デッキとハルははめ込み式。マイクロサーボ用の取付ホルダーが付いています。
ラダーホーンではなくプーリーに糸を絡めて舵を切ります。
画像

3枚ブレードのプロペラ。これも3D製です。すごい!
画像

排水量がたっぷり取れるハル形状。ギミックの搭載に余力があります!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年12月26日 18:46
モータも色々と種類が有るようですが
どちらが、お薦めでしょうか?
いごっそ
2014年12月27日 19:27
こんばんは。

綺麗に纏った船体でね。
舵角75度!良いですね!!。
問題無に、完璧なダックペラ船。

自分所は、黒潮丸の左右舵角がズレてイマイチで、放置しています。
morizou
2014年12月28日 08:23
楓さん。おはようございます。
モーターは7mmx17mmコアレスモーターMK0.7-3.3Ω
を使用するつもりです。モーターの交換が出来るように接着せず押し込むだけで充分固定が出来ます。
実はまだ水に浮かべていません。船体形状からみてバラストが相応に必要と思います。力不足でしたら2.3Ωに交換をしようと考えています。
morizou
2014年12月28日 08:43
いごっそさん。おはようございます。
初めて3Dプリンタ製を手がけました。今回は気合を入れて下地を作りましたが横縞を気にしないでバリを取る程度で塗装をしてもいい感じに仕上がります。デッキ部分は削らない方が味が出ます。
今年一年、いろいろと勉強をさせて頂きありがとうございました!振り返ってみれば小型化を進めるあまり、勢いで4隻も建造してしまいました(^^)
来年も宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック