超小型リバータグボート作製記その2

動力ユニットは、FT007に搭載されていたギア欠けのラーダーサーボを分解。
ポテンションメーターもニッパで慎重に切り取りそのまま利用しています。
ピニオンギアは取らずにゴムジョイントをねじ込み。
画像

搭載するメカを乗せて浮力とバランス&水漏れテスト中です。
レシバーは2.4G空用7ch。バッテリーは3.7v350mA。
台所からボールを拝借~重量は39g
画像

動力ユニットの搭載。モーターの下に鉛のバラストを投入して重心を下げています。
ラダーサーボは2g。船首にあるのがポテンションメーター。
画像

プロペラはイマイ製1/200スミットネダーランドのプラモから。3枚翼、直径9㎜をそのまま利用しています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック